誰でも作れるようになる!簡単作曲方法その①

絶楠-Zechs-
スポンサードリンク

やあ。今回は誰でも簡単に作曲ができるようになる方法を伝授しようと思います。
巷ではよく、「音楽知識ゼロでも作曲できる方法」等をよく聞きますが、はっきり言って嘘です。
音楽知識全くないやつが良い曲作れるわけなかろうよ。
スポーツでも運動神経抜群の天才でもルール知らなきゃクソ雑魚でしょ。そうゆうことですよ。
(例えが合ってるかは分かりませんがw)

(鼻歌でメロディを作りmidiに変換してそれをギターやキーボードの音にする)、や、(サンプリングを組み合わせて)等言ってる方もいますが、基本的に無理だと思って貰った方がいいかと。(苦笑)

やはり作曲をするからには最低限の知識は必要です。
しかしここで初心者の方に重要なのが、本当に最低限で大丈夫だという事です。

ではその最低限とはどれくらいなの?って事ですが、
ピアノ、ギター、ベース等の楽器がどれか1つでもほんのちょっと出来れば大丈夫です。その他にもトランペット、琴、はたまたリコーダーでも可能です。(ドラム等のリズム系は除きます、音階が出せる楽器に限ります)

理論の話してるのに何故、楽器できるかの話?と思いましたよね?

要はそのくらいの最低限でいいと言うことです。

楽器練習した事がある人は分かると思いますが、
楽器を始める時に音楽理論から勉強する人なんていません。(多分)
その楽器の音のだし方や、演奏方法を勉強しますよね。
あとは好きな曲をコピーしたりとか。

ここまで言えばお気ずきだと思いますが、楽器を演奏してるだけで自然に身につく程度の理論で十分なのです。
もはや理論て程ではありません。(笑)

それだけで最低限の作曲はできるようになります。

実際に俺もその1人です。
未だに音楽理論はほとんど分かっていません。
バンドの曲を作る人としてどうなのかって感じですが(笑)、曲を作りたいという情熱さえあれば、最低限の知識で作る事は可能なのです。

ちなみに楽器をほんのちょっと出来ればと言いましたが、
ギターで例えると、パワーコードが弾ければ十分です。
そんなんでいいの?と思いましたか?
安心してください。そんなんでいいんです。(笑)

楽器もやった事ないって人も、大丈夫です。
リコーダーや鍵盤ハーモニカでもできます。
ただし、リコーダーは♯(シャープと読みます。ハッシュタグでは無いです笑)、♭(フラット)の半音が難しいと思うので鍵盤ハーモニカをオススメします。

とまあ、ここまで理論が必要だのなんだの言ってきましたが、ここからやっと作曲の説明をしていきたいと思います。

と言ったそばからまた理論の話になりますが、まずはコード進行を覚えます。

とりあえず王道進行だけ説明します。
F→G→Em→Am
です。
ものすごく簡単に分かりやすく言うと
ファ→ソ→ミ→ラ
です。
鍵盤ハーモニカでそれぞれ四分音符で弾いてみましょう。
一定のリズムで4回づつ弾いてみてください。

ファファファファソソソソミミミミララララです。

これがコード進行というやつです。
いわゆる伴奏です。

今回はこのコードをひたすら繰り返す事にします。
最初から最後までこれで成り立ちます。

そしてコードが決まったらここからメロディーを作っていきます。

が、今回はここまで。

※メロディーを先に作る事も可能ですが、初心者はコードからのが作りやすいと思いますので、コード先の作り方で説明します。

次回メロディー作成に入るのですが、ここで必要になってくるのがtux guitarというソフト。

言い忘れましたがPCは必要です(笑)

tux guitarのインストール方法も説明しますが、
先にインストールしといて頂けると次回スムーズに進めると思います。
ちなみにこのソフトに関してはMacでもできる様ですがWindowsのが有利っぽいです。

DTMはMacみたいな風潮ありますが、俺はずっとWindowsです。
どちらが使いやすいか個人の好みだと思うので、どちらでも可能ですが、俺がWindowsユーザーなので、俺の作曲方法を実践したいと思って頂けてる場合Windowsの方が分かりやすいと思います。

長々と説明しましたが、これだけで作曲の半分は終わったようなもんです。
曲を作れるまであと半分!
次回も頑張っていきましょう!

ここまで書いて疑問に思ったのですが、中学や高校の音楽の授業ではなぜ作曲までやらないのでしょう。
やはり専門の学校じゃないとそこまではいいってことなんですかね?
ちなみに俺は高卒なのでわからないのですが、普通科の大学には音楽の授業あるんですかね?
あったとしてどの程度まで教えてもらえるのでしょうか、、。

気になる子ちゃ~ん。

最後まで読んでくれてありがとう。

by Zechs

コメント

タイトルとURLをコピーしました