ミニアルバム「人身供犠」について

絶楠-Zechs-
スポンサードリンク
やあ、どうも。 もうブログ初めて結構経った気がしたから、読み返してみるとほぼただの趣味。
もしくは日記。 俺は本当にバンドマンなのか…。(笑) と自分で自分に疑問をもったので今回はバンドマンぽい内容にしようと思った次第でございます。 で今回は1st MINI ALBUM
「人身供犠」について解説しようと思います。 今までちゃんと曲解説という事をした事がなかったので、これを見て作った側の考えをわかった上でもう一度聞いて貰えたらと思います。 では早速解説していきましょう。

1曲目.Pray to God

SEですね。気付いてる人がいるのかは分かりませんが(多分いない)、この曲はREVIVEが始動したばかりの頃使っていたSEに似せて作っています。 もう売り切れてしまいましたが始動当初に会場限定で発売していたミニアルバム「Operation Calamity」に収録されています。 今回コンセプトを変えたことにより、新たなスタートだと思い、初心に帰ろう的な意味も含似たような構成にしました。

2曲名.生け贄の少女

個人的に人身供犠の中で1番好きな曲です。
コンセプトを「神話」に変えようという事になって1番最初に作った曲です。 この様なおどろおどろしいというか不気味な曲を作るのがすごく苦手なんですが、苦手なりに上手く作れたのではと思ってます。 最後サビ後のCメロでは得意のメロディアス感を重視したフレーズで、ここが俺のイチオシポイントです。

3曲名.蟻地獄

「人身供犠」のリード曲ですね。
この曲はギターの掛け合いを物凄く考えました。
REVIVE史上もっともツインギターの意味がある曲となっております。 ギターソロもかなり挑戦的な事をしてて、レコーディング時にエンジニアさんに(普通はこうはしないよねー)的な事を言われました。(笑) 普通じゃなくていいんです!
何事もやってみなきゃ! なので俺とゆうたの掛け合いに注目しながら聞いてみて欲しいです。
ちなみに多分REVIVEの曲で1、2を争う難しさです…。

4曲名.アップルボビング

某蛇氏曰く
(⊙౪⊙)۶チクショォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ 碧い人曰く
忘れられた住職達の魂 って空耳が聞こえるらしいです。(笑) 煽り曲っていうのかな?
REVIVEはあんまりない気がしたので。 悪魔崇拝がテーマです。 拍が表立ったり裏だったり食ったり食わなかったりでちょっとリズムとりにくい曲になってしまい、碧い人に大不評です。(笑) 個人的には結構好きなんだけどあんまり人気無いようで悲しいよ私は。

5曲名.マテリアル

はい来ました。皆さん大好きマテリアル。 この曲はコンセプトを変える前から作ってあった曲です。
なので作詞作曲の表記も絶楠のままです。
(今回からZechs表記になってます) 俺のもっとも得意とする構成、リズム、テンポです。(笑) 自分で得意だと思ってる分野がみんなにも受け入れて貰えててとても嬉しいです。

6曲名.ISIS

激しい曲ながらもデスボイスやシャウトを全く使ってないという珍しい曲です。 得意のメロディー重視で攻めてみました。 このアルバム唯一の葉瑠作詞です。
その辺にも注目して聞いてみてね。

7曲名.Paradox abyss

エンドSEというやつですね。 まあこれ分かる人には分かるかもしれませんが、分からない人は絶対わかりません。← と意味不明な事を言いましたが、それ以外はノーコメントとさせていただきます。(笑)
企業秘密ってやつです。(笑) このミニアルバムを通して言えることは、今までと比べてよりダークでカッコイイ作品になったのではなないかと思ってます。
あと音的なことで言うとシンセが極端に減り、民族楽器が極端に増えました。 まあコンセプトが変わったんで当たり前ですが。(笑) 今も新しい曲のイメージや、やってみたい事が沢山浮かんでるので早く形にしてみんなに聞いて欲しいですねー。 それも楽しみにしてもらいつつ、この記事を読んでもう一度「人身供犠」を聞いて頂けたらなと。 最後まで読んでくれてありがとう。 by Zechs

コメント

タイトルとURLをコピーしました