使用機材紹介 その②

絶楠-Zechs-
スポンサードリンク

やあ。
昨日に引き続き、今日も機材紹介します。
昨日はギターだったので今回はエフェクター等を紹介しようと思います。

今回はほんのちょっとだけマニアックな話になるかもです。
ギター初心者の方や、これから始めてみたいって方に読んでいただけたらと思います。

※エフェクターとはギターの音色を変化させるものです。

学生時代とかは好きなギタリストの使ってる機材とかよく調べてたなー。
ちょこちょここれ使てますとかはみんな何となく紹介してたりするんだけど、丸ごと全部紹介してくれる人っていないんですよね。(当たり前)

だから自分でこれとこれを組み合わせて、とか試行錯誤頑張るんですよ。
男ってそういうの好きなんですよね。(多分)

と言っても俺はあんまり持ってないですけどね・・・。(笑)

はい、それでは。
今俺が使っているエフェクターボードの中身はこちら。↓


まずこれはオーバードライブなのかな。
右下の銀色のやつ。(赤いつまみがあるやつ)
MISHA’S BULB DELUXE OVERDRIVEってやつです。
オーバードライブって言ってるけど普通のODとはちょっと違うかもしれません。
PeripheryというバンドのギタリストMishaのシグネイチャーモデル的なやつっぽいです。

これは音がすごくタイトになるっていうんでしょうかね。
ちょい前に流行った(と思ってる)所謂Djentっぽい音が出せます。
出せるって言い方はちょっと違うかもですが(笑)
ただ誰でもわかるようなはっきりとした変化はそこまで無いです。
でもこの少しが重要なのです。

で次がD.A-Booster
写真真ん中らへんのちっちゃいやつ。
クリーンブースターですね。
音を変化させずに音量を上げてくれるやつです。
音量だけでなく音に張りがでるっていうか太い芯の有る音になるんでこれはおすすめです。
俺は常時ONで使ってます。

そしてノイズゲートです。
不要な雑音を消すやつです。
ISP DECIMATORⅡを使っています。
銀色のちっちゃいほう。
調子こいてⅡにしましたが普通のDECIMATORでよかったですわ・・・。
結局バイパスで使ってるのでⅡである意味は全くありません・・・。(笑)

こっからアンプに行きます。

アンプヘッドはhughes & kettner Triamp mkⅡを使っています。
真空管アンプというやつです。
今は持ち運びが大変すぎてワンマンでしか使っていません、、。

光ってかっちょええやろ。
チャンネルも6chあります。

REVIVEではほとんど使うことがないんだけど、クリーンがめちゃ良い音出ます。

歪もきれいなんですよね。ゴリゴリに歪ませてもきれいな温かい歪って感じです。
下品にならない。それが好きで使ってます。

そして最後にセンドリターンにTC ELECTRONICNOVA SYSTEMを通してます。

左の1番でかいヤツ。
空間系ってやつです。
コーラス、ディレイ、ソロ時のブースターがメインですね。
たまにオクターバーとかも使います。


はい。以上です。
俺実はコンパクトにしたのここ1年前くらいなんです。
それまでずっとマルチでした。

マルチのが楽なんですけどね、、、折角持ってるし使おうと思ってボード組んだ感じです。(笑)
でもボード組むのは楽しいです。がきりがないです。お金が無くなります。(笑)

なので初心者の方とかはマルチを買いましょう。

今度は俺が昔使ってたエフェクターも紹介しながら、初心者さん向けの記事を書こうと思います。
みんな楽器やろーぜー。

最後まで読んでくれてありがとう。

by Zechs

コメント

タイトルとURLをコピーしました